HOMMETOP
TOPHOMMETOP>男の着付け*ゆかた編
最終更新:2006年04月26日
botanHOMME

botan

bar_コラム

bar_メルマガ・リンク・BBS
●メルマガ登録


もちろん無料

●リンク 06.03.01up

『いい和雑貨どっとこむ』です。ゆかた情報も満載!
ゆかたりずむも協賛!新着ゆかた情報満載です。 (提供:和洛)
ゆかたりずむのブログです!更新状況など内容もリンクしています。
リンク用バナーです。
▲ リンク用バナーです
 

●ご意見・ご感想をぜひ教えてください!

ゆかたに関する疑問や質問、情報を交わせます。ぜひご参加ください。

ご意見・ご感想・お問い合わせのメールは▼こちら▼に!

ゆかた編

ゆかたをはおって上前下前合わせ。

←のアニメが、まず最初に左手に持った部分から先に動かしているのは…。着た感じの位置を決めているんですね。
別にこれなしでも着れるのですが…。
一度前に出てくる方の位置決めをきちんとしておいた方が、あとの着付けも決まりやすいものなのです。
(初心者の方にはオススメしています。)


■そのあと、右手に持った部分を左の腰に当てて、ゆかたを手放しながら 先ほどの位置に、左手を持ってきます。

(右手に持った部分を下前(したまえ)、左手に持った部分を上前(うわまえ)といいます。この際覚えとこう!(*^-゚)v)


■背中の縫い目の線(背中心と言う)が、背骨に沿って真っ直ぐになっていればOKです。

腰紐で固定。

■腰紐で、ゆかたを固定してしまいます。

■実は。腰紐を締める位置が肝心だったりします。
背中(うしろ)側はお尻の上の部分。(腰が一番くびれてるところです。) おなか(前)側はおへそから約5cmくらい下の部分を腰紐が通るように結びます。
もうちょっと解説すると…。
洋服のように、まっすぐベルトを締めるようにするのではなく、後ろが高めで、前は低めになるように(角度をつけて)結ぶのが肝心。

よく「オトコのきもの(ゆかた)は腰で着る」とか「帯位置は臍下丹田(へそしたたんでん)」と言われるのはこういうことなのです。
角帯をかっちょよく締めるためには、腰紐の位置って結構重要。
きっちり締めましょう。

■へんしゅうちょは腰紐ではなく、紳士用ベルトを愛用してます。(*^-゚)v







【Update 2005.07.16】
【最終更新日2006.04.26】
メインバー
ゆかたりずむ
Copyright(C) 2000-2006 yukatalism.com All rights reserved.